FC2ブログ

コルザさん パーティー参加レポート その1




       コルザさん パーティー参加レポート その①





.

181 名前:名無しのやる夫だお@シェルター[sage] 投稿日:2014/06/08(日) 23:34:08.25 ID:Huhi69j2

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                             -── ──-
                         <: : : : : : : : : : : : : : : : : : :>         ,: :─: :、
                          <: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : >     <: : : : : : : : \
               ── 、 / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \/: : : : : : : : : : : : ::\
            ≦三三> `: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\:: : : : : : : : : : : : : : :.
         /´   /´: / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧: :∨: : : : : : : : : : : : : }
                 /: : /: : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : |: : : ∧: ∨: : : : : : : : : : : : :l
               /: : : /: : /: : : :/: : : : :|: : : : : |: : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : ∨ : : ム: :マ: : : : : : : : : : : :/
           ∧: : /: : :i: : : : :|: : : :|: :|: : : : : マ: : : : : : : :| : : : : : : : : : : : : |: : : : :}: : }: : : : : : : : : : :/
           l: : ::/i: : ::i: : :| : |: : : ム: :マ: : : : :マ: : : : : : : マ > ─ <: : | : : : : |: : | : : : : : : : : : /
           |: :/ |: : :| : : |: :|: : : :ム: :マ: : : : ∧: : : _⊂二 ----   ` 丶 、 ノ: :/: : : : : : : : : /
           マ/  |: : |: : : マ: マ : : ∧: :\>ー ´__ ,             ヽ、: : : : : : : : :/
              リ  マ: :Ⅳ: : :マ: マ : : ∧: :ゝ- ´                        `ヽ: : : : : {
               マ: |∨: : :∨:∨: : lヽ(_ -─────                 \ : f
                   マ| \: ::∨: \:ム ヽゝ┬┬─┬─、                    `く
                ヽ  \ヾ、: : \ムヾ、 >'-─┴ ´           __         \
                      \ヽ\: {ヾ  ゝ──┬─弋、─ ─┬─</ : ヽ         \
                      ヽヾ ヾ、 '''''          ''''' /: : : : /: : : : ヽ             \
                         \: : ム\    冫、__ 人    //: : :// : : : : : : \         \
                        __  \: :ム ` }、 / r ⌒ヽ\ イ  ム: ::/ { : : : : : : : : : \         ヽ
               ,  ´     ヽ _ヽム ノ ./  {    } ヽト、/: :/: :i : : : : : : : : : : : ム            ヽ
              /          \. ヾヽ |\ ゝ __ ノ /|/:/|: : : {_>´ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ         ヽ
                /                \ ヾ : \   /; /  | : : :|´             ヽ          ゙
                 /               \  :  ` ´ :    /マ: : {            ',
            /                \ 、    ,_  イ   }: : :|           /入
            l       ',            `    ´      ヽ: ム          // ',
               |        ∨´                      マ:ム         //  ヽ
               |       /                        マムヽ   /    //    \
               |     /                              マム ヽ/   __ //_    ゝ、
           |     /                                \\ヽ/7: ://: : : | ̄ > 、ヽ  _
         /二ニ|.    /                               ヽヽヽ/: //: : : : :|       ̄ ̄
          { \/   /                   {               ヽ',:∨/: : : : : :|
        \ ヽ、.  .:  .::::::::::.            }:|                ヽ∨ : : : : : : |
          /ヽ、`ヽ{  .:::::::::::::::::.           |:|           .::::::::::::::::. ',: : : : : : : : :|
         /  `ヽ、i :::::{ i }::::::::           ハ              :::::::::{ i }:::: }: : : : : : : : :|
         /     ', ::::::::::::::::               /  ',          ::::::::::::::::::: / : : : : : : : : |
         /      \ ゙゙゙゙゙          /⌒θ´\          ゙゙゙゙゙゙゙゙ イ: : : : : : : : : : |
ヽ       l        入__        / ./ | | ',  ゝ、           /: : : : : : : : : : : : |
.  \      |         { ヽ、 ヽ ──  ' _/ .| | ',\  ゝ _____ /∧: : : : : : : : : : : : :|
    `ヽ  |    ´ ̄ ̄` 、 ベ ─ 三≦ ̄´  ヽ/ ' ,/  ゝ __, 、_ イ´   \ : : : : : : : : : :ム
      \l              `ヽ'                             /      |: : : : : : : : : : :ム
        \            \         |               /     |: : : : : : : : : : : ム
         \             ヽ         |            {        |: : : : : : : : : : : : l
           \              \     |、              l        |: : : : : : : : : : : : |
            \              `丶、 | }            、.      |: : : : : : : : : : : : |
              ヾ 、               `  、            \     |: : : : : : : : : : : : :|  >
               \,丶                    ヽ、              \   |: : : : : : : : : : > ´
                 \  `   、             ',           \ | : : : : : : > ´
                  \       ヽ  ,        ',            ヾ: : : :/
                    \       /         ',               冫 ´
                     ヽ      i          ヽ          /
                           ヽ.    |           `、          /
                        ',     |             }      /
                        ',   |           ', i     /
                         '   |  l  l   , 、   ', {      /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

       コルザさん パーティー参加レポート その①

  今回は、先日のパーティーに初参加されたコルザさんの写真を掲載します。

  この方、彼氏持ちながらもナイショでこのサークルに加入……
  と書くと、ウチでは珍しくないことのように思われますが、
  なんと純潔を保っていらっしゃるのですw

  詳細は、次のページから。


182 名前:名無しのやる夫だお@シェルター[sage] 投稿日:2014/06/08(日) 23:35:08.55 ID:Huhi69j2

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               ...----....
          _ ,....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、__ィ…‐-...
.         γ:.:_,:.:.:.`:.:.:.:.:.:.:.,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.Y⌒、:.:.:ヽ     幼馴染の彼氏とラブラブなコルザさん。
       /ィ:.:γ/:.:.:.:/:.:./:j:.:i:.:.|:.ヽ:.:.:.:ヽヘ、\:ヽ:.:.:.     しかしお互いあと一歩が踏み込めない模様。
.          /:.:/:.:|:.:.:/_L_ィ_:ハ:.トx.--L_}:.:.:.:i:j:';:.:ヽ.:';:.:i
         .: /:.:.:.レ仏LLヒ!ノ ';:{ 弍zL}:ト:.:!リ}:.!:.:.:.';.:';.|    聞けば、彼氏さんは超草食系。
         .i:.:|:.:.,':.ij:.□■□■□■□}:/ノイ:.i:.:.:.:.';.:.|    コルザさんは女子校育ちで男性知識皆無。
          Ⅵ:.:|:.:{ヽ■□■□■□■ イ }:|:.:.';:.:.:.:.';:|    誰かに相談しようにも、
.         八λ:i圦、.`゚´  ,    /ムイ:.|:.:.:.';:.:.:.:i:i    周りには男の影すらない女友達ばかりとのこと。
         ヽ`ハ:i:.    ー一  .イj i|:.:|:.:.:.:';:.:.:.l:|
             `介 .     イ /.. l|:.:|:.:.:.:.:';:.:.:i|
               ィj  `´ ィノト、.  l|:.:|:.:.:.:.:.';:.:.:|    自分でなんとかしないと、と思い立って
             ,....ィチ {`ー天‐' .j ㌦x、;,l:.:.:.:.:.:';:.:.|    ネットで情報を調べ始めて数日後。
        ,x≦//// λ ハ__ハ λ V///≧x:.:.:';:.:|     そこには「ダディの家」へ質問メールを送る
.      Y´V//////、 /ヘ 〈∧〉/ ヽr '、//////ハ:.|    コルザさんの姿が!
.         |/∧> '´ <´  ヘ  ̄/   `> ` </ノ//}:|
.       ,ィ|//ハi    \.  ヽ/  ./___  メ///トi.
.      { l.|//} |        `ヽ. }-‐ ` ̄ ̄´  { }// |.l }   ……うん、ガンバリやさんで、
..    八l.|/_j ハ        `|        j. ー,/.|.lノ   マジメな人なんでしょうね。
      |`|.「 ヘ ヘ       o.|        ノ  |/|:.|
      | .|´  ヘ }     ´  |       .:   `|:.|   ちょっと努力の方向がおかしい気もしますがw
      | .|   ',!        .|        j  / .|:.|
      | .|     :.       o|      .:  /  |:.|
      l. j  へ :.        .j      { ノ__  .ハ:j   ..かなり念入りな質疑応答を経ましたが、最終的に
..     |.{  ` ̄弋ュ-z___廴__zrォ' ̄ ` /:.    .「基本的には見学・勉強を」
.       | \     \ー‐-L__」-‐一 .ラ’     ,イ:.:.’  .....「キスと本番行為はNG」
.      | |:.\     ヽ、  |   γく    /:|:.:ii     という条件つきで
        | l:.く_.\ γ⌒` く__`ヽ/  `ヾx ./ >!:.j|    サークルへの参加をOKしてくれました。
       | |:.///7У   ,ィ´,-‐,`ヾ 、    У´ハ|/|
      | |ム-‐/\ ./ {,/γ/ ,  \ .////∧j
.       ハ .}/////ム≧ュxL/ムベヾrイフ |`ヽ、/.|       大丈夫ですよ?
       ハ |/ γγ ̄ ̄ ̄`マ` ー´⌒ヽ 弋∧/.!       ウチは紳士・淑女の集まりですからねw
      近// /        /       ヘ V/ 〉
      {:.ヽ{  {       ,         }  V:.:.}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


183 名前:名無しのやる夫だお@シェルター[sage] 投稿日:2014/06/08(日) 23:36:26.21 ID:Huhi69j2

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  さて、パーティー初参加の日。
  この日は男6人、女5人。初参加はコルザさんだけでした。
  自己紹介中に前述の条件についてお願いすると、
  男性陣は一様にニヤニヤし、快く受け入れてくれました。

  ね、紳士の集まりでしょ?w

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            ____
           ̄_≧x \ __  ──    __
          ,≦ニ=-: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ   __
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽY: : : : : ヽ
        /::/: : /:/: /:/::/: : :l: l: : : : : : : : :(((l/ : : : : : : : ',
         /〃: ::/: :/: /:/:://l : i!::|: : : l: : : : : : /: : : : : : : : : :',
       / /: :/: : ::/ :/NИ/ |l:::|ハル: : |: : : : : : l: : : : : : : : : : : ',
       /: :/:/:::/l:::/□■ミ ノ.N≧=ミ、リ: /: : l: :|: : : : : : : : : : : :',
         l: :/l/l::/ .|:l〈■□|    □■彡: : :| : l: : : : : : : : : : : : ',
        N  |/ .|:l.|□■    ■□// : /⌒)l: : : : : : : : : : : : :',
            /::|///     □■ノ::/ )/ハ: : : : : : : : : : : : ',
         __ (l: |、  、 __  ///,イ: :/-/   '. : : : : : : : : : : : :',
       /, ヽ、ヽ l7:|. \       //::/ |"    .'. : : : : : : : : : : : ',
        / ノ レ_//J/ ゝ.  \__    / ´  !       '. : : : : : : : : : : : ',
       /  l `   l     ,.,- ‐ }     l       '. : : : : : : : : : : : ',
.     /  ノ  /     /     /     ´  `ヽ   '. : : 、: : : : : : : : :',
      l   -,'´      ./     〉 ___        丶  '. : : :、: : : : : : : :',
     l   .l       / ,/    ´           ヽ  '. : : :ヽ、: : : : : :',
     |   |       />'                   \ ヽ: : : :ヽ、 : : : :',
     |   |    ノ                  . -、      ヽ `、: : : :ヽ、 : : ',
      l   .l   /_ У .__     __    r ´   .ヽ       \`、: : : : ヽ、::',
.     l   :. ./´ ヽ//  ̄/ ̄  ` l`ヽ  /  ,´\     ヽ `、: : : : ヽ',
.      l    V´   .:    /      Y \   /   ヽ     \ ヽ: : : : :、
     l    ゝ   .:    /      /   \/       \     ヽ 、 ヘ: :ヘ
     {     l.丶.__入   l     /    /       ` , -   〉 .! : :',: : :ヽ
      ',      ∧ l ` : . ⊥. . : ´     /        /     / .|.: : :', : : : :.
      ',      , '  l |    ヽ       /         /     /  |: : : :',: : : : :.
       ヽ   /   ヽ   ノ      ,〈         /      ′   | : : : :',: : : : :.
        `´        '.  __ヽ      / ヽ      , ′   , '      |: : : : :ハ: : : : '.
                 '.   \     _  > 、  /     , '      .|: : : :/ '.: : : : '.
                '.    __\ ./ニ=ゝ=ニ  ``/   /        |: : :/   '. : : : :〉
                     '.     ≦='    >(  / 、       l : /    l: : : /
                     '.    <| =" _      /\  ヽ      |::/     .|: : /
                    '.    /// 7 / ̄<   \ ` 、   ノイ       |: /
                    ヽ  ` //l            ヽ          |/
                   |    `"  .l                 '.       ノ
                  . |       .l             `  .}
                   |      /                } ,'
                   ヽ   ./               ノ イ、
                    ヽ_.|_____________ノ
                         |              /    |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  その後、バスタオル姿でプレイルームへ。
  基本見学とはいえ、これは規則ですので従ってくださいとお願いしたところ
  意外にあっさりと了承されました。

  瑞々しい肢体をバスタオル一枚で包むコルザさん。
  ちょっと頬を赤らめているところがなんともかわいらしいです。

  「彼氏さんには見せたことあるんですか?」と尋ねた所、
  「異性に見せることすら初めて。すごく恥ずかしいよ」とのこと。
  やはりコルザさんのNG判断基準はよくわかりませんw


184 名前:名無しのやる夫だお@シェルター[sage] 投稿日:2014/06/08(日) 23:37:27.47 ID:Huhi69j2

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  プレイルームに入ると、すぐにいくつかのグループが自然発生し、お楽しみの時間が始まります。
  そんな中、一人、新入会員のサポートの為に傍に控えているわたダディさんは管理人の鑑ですねw

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                                 _
                         _      ,‐':´:_:_: :`:ヽ
                   ,、-:':´: : : : : : :`:'‐:'、/´: : `ヽ: :.ヽ
            __    /: : : : : : : : : : : : : : 、:.入`:゙:ヽ: : ヽ: ハ
        `¨,'、‐、:`:Y: : : : : : : : : : : : :、: : : : :\/ハ: : ハ: : :',: :',
        ,..:'´: : __: : : : : : : : : : : : :、ヽ: ヽ:\: :.:ヽヽi:}: : :.i: : :.i: :.i
      /:., ィ':´: : : : : : : : : : :ト:.ヽ: :\\:ヽ:ヘ: :.ハ:.iii: : : i: : :.i: :.|
      /://: : :./: : : : : : : : i: i.\--‐‐:''""¨´i: : i: |: : : :i: : : i:.:.|
      i/ /: : :/: : : : : : : :.i: i: :i:/  ` 、□■□}:i: :リ }: : :.i: : : i:.:.|
      i: : : ,': : :i: : :i: : : :ヘ /., 、    ■□■イ:リ:Y: : : i: : : i : |
        |: : :.i: : : i: : :.'、:',:'、:/ □■□      / |:.:|.|: : :i: : : i: :.|
       i: : :ハ: : :.ト: : ヽ:.ゝ:.ヘ、.■□■        i: :i |: : :i: : :.i: : |
        V: i. V: :ハヽ: :ゝ、ゝr-ゝ、     '‐'     /i: ハ.i: : :i: : :.i: : |
        V:i '、: :ハ \: \T:.:i \,      ,イ /リ.弋、- ' ¨ ‐、 |
          ヽ  \:.ヘ ` ‐ 、i:.:i  `¨ '' ‐‐f゙  / /       ヽ
            ヽ'.、   ヽ:i        ,|  , '          i
                   `___,、 ィ ´ '´     i        |
                  ,. '´     _,.、-       }      ∧
                / ,   ィ-‐久_        ,'       ,': ',
              ___,、-'‐‐ ,、-'‐'" ,_ィzュ,゙,つ     ,      .i: : i
           ,ィ‐,'''--`ヽ/     ,、--、`ヘ,.   i        i: : :.i
            く/´    ,.'        `゙'''''‐-゙、゙~   i        i: : : :i
            f´,.     /         'マ¨`'‐'     i        i: : : : i
            i /.,.   /       ,ィ''、'‐ 、ヽ,     イ.       ,: : : : : i
         V', . ,.'      フ''"´    ```~--‐',_,'.       ,: : : : : : i
            Y ,.,.'     ./-、              `ヽ、    ,: : : : : : :.i
          |, '      i/  ヽ            ヽ   ,: : : : : : : :.i
         /      ,'      \                ハ: : : : : : : :i
            {        ,、         ` 、          ,' i: : : : : : : :i
            ',        ハ         `'.‐.、,_.      ,'  .i: : : : : : : :i
            '.,    /  .i                ¨T'¨ ̄ .   i: : : : : : : :i
          ゝ‐''"    |                i      i: : : : : : : :i
                 |   i           '、.      i: : : : : : : :i
                 |     }             '、    i: : : : : :.:..:i
                /   i                 ヽ.   i: : : : : : : i
                 /                 ヽ   i: : : : : : :.i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  というわけで、生きた教材を目の前に、コルザさんに性教育タイムです。
  ちなみに先生役は、ユキにお願いしてあります。
  といっても、いつもどおりに楽しんでもらってるだけですが。

  「わ、本当にあんなことするんだ……」
  「嘘?アレ入っちゃうの!?」
  「い、痛くないの、かな……?」

  等々、初々しい台詞が新鮮でしたね。
  このサークルを主催していたらなかなか聞けませんからねw

  なおコルザさん、流石にAVくらいは何本か見てみたようですが、
  「作り物っぽくて、現実感が無かった」らしいです。
  う~ん、ウチもある意味現実感は無いんですが、大丈夫ですかねw


185 名前:名無しのやる夫だお@シェルター[sage] 投稿日:2014/06/08(日) 23:38:13.93 ID:Huhi69j2

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  気がつくと、口数が少なくなって、ユキのプレイをまじまじと見ているコルザさん。
  今ユキがしているのは……。

  「興味ありますか?フェラチオ」

  「え?い、いや、私……別に……」

  はい。こんな所に来てまでそんな答えをされても説得力がまるでないですねw
  新入会員の心の機微に敏感なわたダディさんは管理人の鑑(2回目なので略

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                                     __
                  ---  、       /:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         __  イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,
      ,イ:.:.: __ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i
     ム´ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ‘,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
       ./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : |
      /:.:./:.:.:./:.:.:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.|:.:l:.:.:| : |:.:.:.:.:.:.:.‘,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
      i:.:.イ:.:.:.i:.:. l:.:.:.:.l:.:.廴l__リヽ:.廴:l__:ヽ:.:.:.: i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
       l:.l l:.:.: l:.:.:.l:.:.:才 x≠x、  ,≠ミx}:.:.:l:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
        リ ',:.:l {:.:.l:.:.:l □■□■□■□》:./、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
         ヘ{ ヘ:.lヽト■□■□■□■/イ:lノi!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
          ` ヽ|:.ヘ xwx. ` .xwx, イ:.:| i|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : |
             |:.ヽへ    _ _  /l:./ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : |
                 ヽ:.{   _lヽ _ イ_ 〃  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
           /  ̄ `.ヾ ¨        `丶、_ !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
            /       ̄`ヽ  r― =ヾ    ̄ `ヽ:.:.:.: : |
          ,′ _  i__                  :.:.:. : |
         | _r/ ハ´     .、         ,′  .|:.:.:. : |
         | 〉{! ゝ ヽ      .〉 ´    ̄ ヾ/    ,:.:.:.:.:.:.|
         K     .|     ,′      ,イヽ  ,:.:.:.:.:.:. |
         |∧   .|            rイ / /} .,:.:.:.:.:.: : |
         | {ヽ  八    i|       /   ,.イ /:.:.:.:.:.:.: : |
         | 八. \  \  !     /   .//:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
          |  \. \    ̄ヾー=≦   ./ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
            ',     ̄ ヽ.    `≧=-=≦  〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
           〉、      \         / !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : |
            / ヽ _  ニ =-\         / !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |
         /              > ,   /   i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
        /                   ¨{    i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
       /          j       ハ    i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
      /           ′          ヽ.  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |
      ,′                   ‘,.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /
     /                        ‘ !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
   ,′                        ヽ:.:.:.:.:.:.:./
    '                         .:.:.:./
    l         \         ,           ',´
   |          ヽ      /
   l           ` -r'ー<´           }
   ‘,               ∨ニ:,              l
    ‘,           |  ヽ           |
    ∧               j   ‘,           j.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  「ユキのお口はちょっとしたもんですよ?
    あんなに小さいのに、男のチンポならどんな太いのだって咥え込んじゃいますからね」

  コルザさんの体が、チンポ、という単語に反応してビクッとする。
  なるほど、このレベルの言葉にすら慣れてないんですね。
  でも大丈夫。ウチで勉強すればすぐ平気になりますよw

  「──ちょっとやってみます?」


186 名前:名無しのやる夫だお@シェルター[sage] 投稿日:2014/06/08(日) 23:39:16.09 ID:Huhi69j2

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  え、という反応をされる前に、私は言葉を続けます。

  「セックスにおいて前戯、特にフェラチオの勉強は大事ですよ?
    入れるだけでそれなりに気持ちいい性交と違って、
    お口で快感を与えるのには技術が必要ですから」

  そう言いながらコルザさんの肩に手を置き、ゆっくりと押さえつけます。
  コルザさんが自然に跪き、私の顔を見上げるような格好になりました。

  私はコルザさんの手をとり、自分のイチモツに触れさせます。

  「あ、熱い……」

  「さ、そのまま舐めてみてください」

  彼女はほんのちょっとだけ逡巡していたようですが、その後、舌を伸ばし、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              ;_,, -ー'''''″: : : .`゙''!ニニー、、   ./: : : : : : \
             _..-'": : : : : : : : : : : : : : : : : : `'-,`'-、_,/: : : : : : : :
    _..-''''" ̄ ̄´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \  |: : : : : : : : :
  . /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ .l: : : : : : : : :
 / ,..-ブ″: : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ.l,: : : : : : :
tr'" /: : : : : : : : : : : : : : : : : !: : : : : ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : l,..l: : : : : :
  ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : :!: : : : : l: : : : : : : .l: : : : : : : : : 、 |. ヽ: : : : :
 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : !: : : : i|: : : : : : : : .l: : : : : : : : l: .! ヽ: : : : :
..l゙: : : : : : : : : : : : : : : : : : ,-l   : l〒" ̄ ゙゙̄''''!i..、: : : : : : l、.!: : : l,: : :
/: : : : : : : : : : : : : : 、  / .!: : : :! l: : : : : : : .!.l `'‐: : : : !.!,!: : : l: : : :
|: : : .,: : : : : : : : : : lュー'' !  ヽ: : .| ..l._,,_,,,_.! !: : : : : : ! .|: : : : |: : :
| .,i7: : : : : i: : : .,r| .l .|   . ヽ: . !.r■□■□~''│   l .l: : : : !|: : :
| ./ }: : : : : .,l: : : . ! l.■□■□ .ヽ|il□■□■  |   ,i′ ′  /:|: :
| l  !: : : : : .!.l: : : : !゙.□■□■  . ゙■□■□  !  ./ /: : : : : . ! .!:
.l|  .l: : : : .! ヽ: : . ! ■□■□          /  /: . l: : : : : / 亅
..ゝ ..l,: : : !  ヽ. .l,  ゙‐'「         //// / , ┤: : !    /  .|
    .ヽ: : |   .\. l   ヽ         ,i彡" ./: : : !   /   |
     \ヽ    .`'ル  : 、       : ″  l゙: : : l  . /    .!: :
       `'ゝ    /'''ヽ.  ゙リ゙゙゙''-、    u.  .l: ゙  .! . /    │:
             ,_. !   .ヽ..、ナ゙゙./ .`'〟    . !: : : レ′     !: : .
            !    `゙'-,,.l┴イ  /     .,/: : : :l       !: : :
   .,..-───t~ ̄ ゙̄ニニ;;l´:;:;:;:;.ヽ!゛   . ,/ l: : : : !`'-、     !
 ./      } フ冖゛ /:;:;:;:;:;:;:;:;:;.ゝ、,./ '´  .!: : : │  . `'ー ,,、  !
../        l .゛ ,, ‐゙|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l    .!: : : .|       `゙''┴
′       !  ,./   .}:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.,/、    .l: : : |
         ヽ . ′  ヽ,,,,__,,,,.. ‐"  !    ヽ、..l,
          ヽ    l        ヽ     `-,\
             、. l    l            ヽ      `"'
             } l    .l         ..l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  「ん、ふぅ……」

  私の亀頭の先をゆっくりと舐め始めてくれました。
  これはキスじゃないからNGではないですよね?w

  「どうです、チンポの味は?はじめて……ですよね?」

  コクリ、と頷いた拍子に、舌の先がカリの所をくすぐってくれました。
  いいですね。今のをやってあげると、彼氏さん喜んでくれますよ。


187 名前:名無しのやる夫だお@シェルター[sage] 投稿日:2014/06/08(日) 23:40:14.60 ID:Huhi69j2

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  それから一通り、竿の舐め方・扱き方についてレクチャーしてあげました。
  当然技術的にはまだまだなんですが、なにしろ熱心で覚えがいいものですから
  教え甲斐があります。

  また、コルザさん自身、奉仕癖のようなものがあるご様子。

  「あ、それ、上手いですね」
  「今の気持ちよかったです。もう一回やってくれませんか?」

  等と褒めてあげると、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:l:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..: ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
:.:.:/:.:.:.:./:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:/:.|:.:/!:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:|:.|:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
:./:.:.:.:.:.i:./:.:.:.:.:./:./:.:./:.:.!:.i .|:.:.:.:| .',:.:.:.:.:!:.i:.:.:.:.:. : |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:',.:.::.:.:.:.:.:. |
/:.:.:.::.:.!:.i:.:.:.:.:/:.:ハ:.:./i:L|_i_. |:.:.:.| i:.:.:.:.:i .!:.:.:.:.:.:.;|、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| }:.:.:.:.:.:.: : |
:.:.:.::.:.:.|:.|:.:.: : i:孑i´,'|| |:.| | `ト:. |  !:.:.:.丁弋:`:ト-|、i:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:} i:.:.:.:.:.:.:.:.:|
:.:.:.:.:|: |:.!:.: ´:,'|:| !,' .| i:i  ',:.:|  \:.:! . ヽ:.:.:.:.|  !`ヽ:!:.:.:..:i:.:!:.:.:.:.:.:.:.: |
:.: :.:.|:. !:.',:. : { リ |i   i|  ヽ|    \',  .\ |   マ:.,':.:.:.:/:.,':.:.:.:.:.:.:.:. |
:.:.:.:.:!:.: ',:.i:.:.:.:!   |    | _ .|    _ヽ   .ヽ  マ:.::.:.///:.:.:.:.:.:.:.:.: |
:.:.:.:.:.',:.:.:.',ヽ : ', □■□■□■□■□■□■□  //:.:///:.:.:.:.:.:.:.:.: : |
:.:.:.:.:| ',:.:.:.:トヽ:.',■□■□■□ ■□■□■□ 〃//レ〃:.:.:.:.:.::.::.:.: : |
:.:.:.:.:| ヽ:.|:.:..:.\                  ///: !:.:.:.:.:.:.::.:.:.: : |
:.:.:.:.:|   ヽ:.: : ハ  xxxx      i     xxxx .//:. !:.:. : |:.:.::.::.:.::.:.:.:.:.:.|
、: : |    !.:.:.:.:iヘ                   /:. /|:.:.:.: |:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
. \:|    ヽ:.:.:.:! .\.   .7´`ー '´ ̄ヽ   イ/:.: / |:.:..:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
   |     .\ :.ヽ、. ヽ   ト、:.:.:.:.:.:.:.:,ノ! イ  ./::. / |:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
         \ ヽ ./|  l:.. ` ̄´  .:j. |. /:.:./. |:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
            ヾ≠\.lゝ...,_ __,. ,ノ', i、/:/ .   |:.::.:. |:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
            ,、r´   .  |:      .:.:'.  |/ ヽ .   !:.:. : |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
       ,、r:´        !:..      } !|     `ヽ.|:.:.:.: |:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
   ,、r ´            j1::..i   !ノノ !         `ヽ:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  とても喜んで、更に熱が入ったフェラチオを続けてくれます。
  これはもう少しいけるかな?と考えて、ここでフェラチオは中止。
  なんで?という風に上目使いで問いかけるコルザさんに、新たな提案をしてみます。

  「パイ、ズリ……ってなんですか?」

  やはりというかなんというか、言葉自体を知らなかった模様。
  先生役がユキでなければ実際に見せてあげれたんですがw

188 名前:名無しのやる夫だお@シェルター[sage] 投稿日:2014/06/08(日) 23:41:12.09 ID:Huhi69j2

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  他の先生に軽く実演&レクチャーを受けた後、さて実践、の前に、
  バスタオルをどうするかなんですが……一旦腰の所で結び直して貰いました。

  だいぶ抵抗心が薄れてきたようですね。いい傾向です。
  では、生乳拝見のコーナーです。

  「いいですねぇ。とても魅力的なおっぱいですよ!」

  「そうなんですか?よくわからないです」

  どうも、親しい友人がスタイルの良い子ばかりなので、自分の胸が大きいと思ったことは無いとか。
  実にけしからんですね。こんな立派なものを授かっておきながら。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                  _     />へ
      ――    ,, .: :. ''":. :. :. :. :.``丶、/:. :. :. :.`、
   /:. :. :. :. :. :. `´:. :. :. :. :. .: :. :. :. :. :. :. :. ヽ:. :. :. :. `、
   ̄ ̄ ̄>-:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. . :. :. :. :. :. :. :`、:. :. :. :.`、
     /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.\:. }:`、:. :. :. :. .
   /'7: /:. :. :. .: :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.\:. : `、:. i`、 :. :. :. :.
   ''  /:./:. :. :. :. :. :. |:. :|:. :.|:\:. :. :.:|: |:. ヽ:. : V: : `、:. :. :. :.
  /  ':./:.|:. :. |:. :. |:.:.|:. :|:. :.|\:\:.斗笊¬ト:. :i:. :. ∧:. :. :. :.
    i:. i:.|:. :. |:. :. |:斗笊¬|  \:.,□■□ :. :.|: : / ∧:. :. :. :.
    |:/|:.|:. :. |:. :. |:从,□■□   ■□■イ:. /∨:/:. :. :. .: :. :.
    j |:.|:. :. |:. :. |:. :.:■□■ /////ノィ:. :.∨:. :. :. :. :. :. i
.      八:. :. :.|:. :.人 :. ∨/// '      八:. :i :. :. : i:. :. :. :|
        ヽ:. :\:. :.:.ヽ込    __ u  イ }:. :| i:. :. :|:. :. :. :|
        \{ \八:. :个      /:.:i 从 | |:. :. :|:. :. :. :|
         / ̄ ̄ ヽ人   〕 ー '  ∨ _ノ'_  - ― < : |
        /       \` < _    --‐         ` 、
.       ,              >.:⌒:> ''   ̄ ̄``丶、_/    、
      /          ̄    {: : : /    .: :. rメ:ヽ  ヽ\  u\
     '      /        : : '    :. :. :ゞ:.': :.   ∨ヽ   \
             '          Vi    乂:. :. :. ノ     ',/'\
  /     ノ/   . . .        ',       `¨¨´       |/ハ/ヽ
,        i/i  .:rメ:. :. :.                     |////,|
       /|/|  {:ゞ':. :. :.         }               '///〉/|
       ,'/|八  乂:. :. :ノ  u _  |   ―  、     //////ハ
      /{/,|// 、   `¨´   //ノ   }     ∨//\ _ノ///////ハ\
    '   〉'∨//\    ////   ,       \///////////////,i
 /    {∧ ヽ///≧≦///イ    ∧        ` /////////////,
       ∨/////////////,|_ 从从从      \///////////
          V/////////////|-=ニニニニニニ=-< ∧/////////\
    _ -=ニ 、'////////////-=ニニニニニニニニニ \/////////,\
_ -=ニニニニニ〉'////////// -=ニニニニニニニニニニ=- 、/////////
ニニニニニニ///////////-=ニニニニニニニニニニニニ=-\///////
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  というわけで、有効活用の方法を学んでいきましょう。

  「ん、こうやって挟んで、強く押し付けたり、上下に擦ったりするんです。出来ますか?」

  「はい、やってみます……うん、と……」

  うん、やはりコルザさんは他人の為に頑張る事自体を悦びに出来るようです。
  こんな人を彼女にしている彼氏さんが本当に羨ましくなってしまいました。

189 名前:名無しのやる夫だお@シェルター[sage] 投稿日:2014/06/08(日) 23:42:04.02 ID:Huhi69j2

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  「うん、ちゅっ……ふぅ、どうですか?気持ちいいですか?」

  時折先っぽを嘗め回してくれたり、乳首で擦ってくれたりと、
  色々工夫して刺激を与えてくれるのが実にいいです。

  「はい……そろそろ出そうです。出していいですか?」

  「え、えっと、どうすれば?」

  「ちょっと強く刺激しますので、両側から強く押さえていてくれれば……」

  そのまま、胸を利用してのピストン運動を始める私。
  これならすぐにイケそうです。

  「あ、出る、出ますよっ!」

  そう言うと私は、コルザさんの胸の谷間に、本日始めての射精を行いました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:./:/\:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:|
        /:.:.:.:.-.:.: ̄ ̄:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/:.:./ヽ:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.|
       /:.//:.:.:.:.:.:./:.:|:.:.:.|:.:|:.:.:.:.:.i:.:.ヽ:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.ヘ:./.||:ヽ:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.|
       // /:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:i:.:.:.:!:.ハヽ:.:.:ヽゝ‐廾:.--t:_:.:.:.:.:ヘ//|:.:i:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.|
      /  /:.:.:.:.:.:/i:./:.:.:|:.:.A-|ヽヽ:.:.:.ヘ>フ≠、ヽ:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
        i:.:.:.:.://:.|:.:!:.:.:.:.y´|。≠ミヽ\:.ヘ■□■ :.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
        マ:.:.:/ i:.:.i:.ハ:.:.:.:|■□■   \.□■□ |:.l:.:.:.::l-\/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
         ヽ/ .|:.:.:リ!:.:.|:.:.i□■□     ■□■//:.:./∧ /:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
            |   マ:.:.:.|ヽヽ:.ヽ.ゝ¨,            / //:.:|/|:.:.::!::.:.:.:.:.:.:.:..|
                丶:.:.i \:>ヽヽ    __. //// /:.:.:.:!  |:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
             \|  /l人 \ . ヽ__)     ../.|:.:/.  |:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                |:.|、:.:\    ij    / |/:/.   |:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                  リヽ:.:.:| 丶     <  -//、  |:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
.               . - ─‐ -\! _,ノ>‐<    __、 __ -‐  ¨  ̄ ヽ:.:.:.:|
.          _ . ォ'--      ─- ´ - ─ - ¨¨             ゚。:.:|
.        . ´         `ヽ  ,  ´          ` .   .:          :.:.:|
i{     / ..........          }/  ............           :. ′   ij    }:.:|
∧  '  .::::r;、:::::.  ij    /  .:::::::r;、::::::::.         ゚。       ,::|
ニ゚。/   ::::::ゞ':::::::     n,′  :::::::::ゞ'::::::::::        :. ;        :.:.:|
ニ∧    、:::::::::::ノ ゚    iノ   丶:::::::::::::::ノ         :         :.:.:.:|
ニニ∧          i|__ zイr'⌒っ                  } ;     .:′:.:|
ニニニ∧     __|iz≦|!///∧ (´ ノ(_                   :.:.:.:.:.:|
ニニニ|z=≦//i|/////////゚。)   そ             ' ;       l.:.:.:.:.:|
ニニニ|/////////////////}   て     i        ,イ         l.:.:.:.:.:|.
ニニニ|////////////////,ノ u   (     J       /ヽ         |.:.:.:.:.:|.
ニニニ|////////////|/イ´             _ イ \ 〉      l.:.:.:.:.:|.
ニニニ|//////////イi| }、               イ`ー 、 ノ`ー ¨ ̄ ミ{.:.:.:.:.:|
ニニニ∧/////> ´   ,イ: \           〉、   _ノ        }.:.:.:.:.:|
ニニニニ∧> ´ ____ .イ: : : : : :>ュ  ____   イ : :\ノ         ノ.:.:.:.:.:|.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  「ふぅ……気持ちよかったです。
   コルザさんは、記念すべき初射精ですね。おめでとうございます」

  「あ、ありがとうございます……でいいんですか?」

  「いいんじゃないですか?彼氏さんを満足させる技術を身につける、という目標に
   一歩近づけたわけですから」

  恥ずかしげな笑みを返すコルザさんは、興味深そうに、
  自分の体に出された精液を指ですくってみたりしていました。

  そう、全ては愛する二人が無事に結ばれる為。
  「ダディの家」は、愛する二人を応援していますよw


190 名前:名無しのやる夫だお@シェルター[sage] 投稿日:2014/06/08(日) 23:42:52.66 ID:Huhi69j2

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  胸に出したザーメンを拭き取ったコルザさんに、今度はこんなことを言いました。

  「じゃ、次はコルザさんが気持ちよくなってみましょうか?」

  「えっ?……でも、私……」

  「エッチはお互いが気持ちよくならないとダメですよ?彼氏さんの為にも、
   コルザさんが気持ちよくなる練習もしておかないと」

  いい台詞ですね。是非皆さんも意中の異性に使ってみてくださいw
  コルザさんも感銘を受けたのでしょうw おずおずと頷いてくれました。

  早速、その豊かな胸へ手を伸ばさせていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         |: : :/: : : : : :/: : : : : .:|: : .:ト、: : :l: : : : :|: : : :\ : : \: : : :\
         |: :/: : : : : :/: : : : : : .:|: : .:| .|.: .:ト、: : : |: : : : : :|: : : : :\: : : :\
         |: :|: : : : : / : :/|: .: .:/|: : / !: : | !: : :ト、: : : : ! : : : : : :l: : : : : |
         |: :|: : : : : |:_ム斗─ァ十:/  |: :ナ十‐ァ-、|: : : :|.: : : : : .:ト、: : : !
         \!: : : : .:|:/  レ'   レ'  .レ'  .レ'  .l: : : :|.: : : : : .:|: :ヽ: : |
          |: : : : .:レ□■□■      .■□■□: : : |.: : : : : .:|: : :|: : |
          |: : : : .:| ■□■□     □■□■: : :/: : : : : : :|: : :|: :/
          \: : : | `             __ノ_/: /|.: : .:|: :|: : :レ'
            |\: \ ///    、  /// ̄/:|: : /: !: : /| /.: .: !
            |: : `ト-ヽ     ┌─┐    /: :レ'.|: :|: /: レ: : : .:|
            |: : : |. \ u   `ー '    /l: : : |  |: :レ.: .: .: : : :.:|
            |: : : |   |`  .       .ィ´  |: : : |  |.: .: : : : : : : : |
            |: : : |   |   ` ー‐'´ {   |: : : i ―- 、.: : : : : : /
            \ : \ .}         \ ,|.: .:/    丶、 .: /
                、: :.\           / // u       \{
          -―    <` -ヽ   厶-‐ ´  /             \
.      /             ̄`   ´                       \
     ../
      /
.     /       }
    /        /                  _{   /   __
   ./      /                     ( \ /  ´. : :::>
  (`ヽ _ .> "           ,             \ \      /   `
.   !\Y.::,               /            :   ヽ )) ,'
  i  /`                      .:r:;:.    }    V ′
  l .イ _             {         ゙゚ ′   ,'    V
  / ´  _)    ∠.       ,ゝ、           /⌒     :.
 八__ xく    ノ /      \ `ヽ. ___   ノ        \
..,′   { ` ー ´  /⌒>      丶.           ,       \
,  (( ゝ-- ―‐ ' /         >――    "´
    ...{` ー― <      r‐一'" _ . -‐     ___
     `7T =‐-、)       ̄ ̄` ー―一'"´      |  `丶、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  「ひゃんっ!!」

  先のパイズリで十二分に盛り上がった体が敏感に反応してくれます。

  「おっぱい気持ちいい?」

  「う、うん……ちょっと気持ちいい……の」

  ですよねw ちょっと意地悪な質問でした。
  お詫びにもっと気持ちよくしてあげましょう。


191 名前:名無しのやる夫だお@シェルター[sage] 投稿日:2014/06/08(日) 23:43:48.13 ID:Huhi69j2

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  この辺りで、コルザさんのガードが緩くなったのを察知したのか、
  一戦終わらせた会員さんが二人近づいてきました。

  「あっ……」

  私以外の誰かにも触れられてる事に当然気づいたでしょうが、
  拒否する様子は見られません。

  ここぞとばかりに胸を揉んだり、乳首に吸い付いたり、チンポを擦り付けたり……
  バスタオルで覆われてる下半身以外の全ての箇所に刺激を与え続けました。
  (但しキスNGですけどね)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                / /_
             ____{/:. :. :. ``丶、
        ,,. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ``丶、:\
        /:. :. : |:. :. :.:.i:.:\:. :``丶、:. :.\:\
       ':. : / : : |:. :. :.:.|__:. i\:. ヽ:. \:. :. .、 \
     /:. :. /:.|:. : |:. :.:.ノlハ:.|  ト∨、:. : \. :. ⌒ヽ
      ':. : : |:. |:. : |:/,□■ | ,■□ :. :. :.:ヽ.:.
.     { : : :j|:. |:. : | □■□// 〉//从 : ii }i
     ',:. :从:. :. :.:| ///        }i:. :|l ノ'
      ',:. :. :.Vヘ圦  u   , 一'  八:.八       ∨//////////////
      ',:. :. :{ { 、:. .、         , :. :):. :\  __   ノ//////////////
      ',:. :. \__):. \       /:. :. :. :. :./  _  〈///////////////
       ',:. :. :. :. :. `:个    ,,__ノ{:. :. :. :/ /   ``丶、////////////
       ',:. :. :. :. :. :.∧  \    \フ  ,         \/////////
        ',:. :. :. :. :./:. :〉   > 、 /  /      u   ノ'\////////
         > ---  ∠ ―          {         ゚   `イ⌒ヽ//
        ,        - ―                     }{  |i///V//
         i     /   u  ヽ、               U 八///V//
           y           }}   o             < }///////
         ',   i  rメ_):.     u        ―…  ¨¨¨´ ∨//////
         ', 「 ̄ノゞ':.ノ )                        v//////
          | V////ノ        /        \      ',/////
          |:i//v//ヘ        /       }         i/////
          |:.ハ /ノ          ,      u   ノ         |\//
          |:. :. 乂'\      /                       \
          |:.|:. :∧=-≧=--r''                     i    \
          |:.|: /:. : 、   u   \         o       |   u  |      \
          |:.|∧:. :. :\       `丶、            j      !\      \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  30分ほどこの状況を続けた所で小休止。
  コルザさんが絶え間なくあげていた嬌声も、ようやく止まりました。

  しかし──お二人ともちょっとは加減しなさい。
  顔は涙、口周りは涎でベトベト、乳首はビンビンになっちゃったじゃありませんかw

  「コルザさん、もう無理ですか?イヤならヤメますよ?」

  私の問いかけがコルザさんに聞こえたかどうかはわかりませんでしたが、
  ──コルザさんは確かに二度、首を振ってくれました。

  「了解しました。それでは──」

  私は、コルザさんの腰に結んであったバスタオルを取り払いました。

192 名前:名無しのやる夫だお@シェルター[sage] 投稿日:2014/06/08(日) 23:44:45.00 ID:Huhi69j2

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  傍らの二人に目配せすると、心得たもので、それぞれがコルザさんの片足を
  頭の方に持っていく──いわゆるまんぐり返しの体勢にさせる。

  大事なところがパックリと開かれて、実にいい眺めですね。
  何も刺激されていない筈のアソコは本気汁でもうグショグショです。

  「おや、あまりお手入れされていないようですね……元々毛深い性質なのでしょうか?」

  コルザさんは呆然としてしまい、反応できないようです。

  「うんうん、前の穴は彼氏さんに捧げる大事な場所ですからね。
   傷つけたりしないよう、念入りに、優しく、ほぐしてあげましょうか」

  そう言って、舌を、皮につつまれたままのクリトリスの上で蠢かせる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
ニニニニニニニニニニニ               /       /___   ',:.:',
ニニニニニニニニニニニ}  __,,. -..,, __    ./        /:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ}:.:} _
ニニニニニニニニニニニリ /ニア_ニニ≧、\-..ィ       / >=-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> ..
ニニニニニニニニニニ/´ ̄    ̄ヽニ',:ニヽ} ー- 、   /イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.≧:.、   _
ニニニニニニニニニ/         `¨ ヽ=}    ',  /:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ,ィ.:.:.:.:.:.ミ、
ニニニニニニニニ./{                    /:.:.,:イ:.:.:.:.:/:.:./:.:.:.:.:,イ:.:/:.:.:.:',:.:.:.:.:.:',:.V}-=ミ、:.:.:',
ニニニニニニニ://リ                  >'' i:.:/ /:.:.:./:.:/:./:.:/j/}/ {:.:i:.:.:{:.:.:!:.:.i:.:.:.i:.ム:.:.:.',:.:.:.:.:.:i
ニニニニニニニイ¨´               > rぉ、 _j/ {:.:.:.:{:.:.{:.:{.□■、{ ヽハ从:.:,:.::.}:.:.:.}イハ:.:.:.}:.:.:.:.:.:}
ニニニニニニ,.く-',,. --  、        > ´.><:.`:.:.:.)- .. ハ:.:.:ハ:.:!:.:《■□   .■□::.:/:.:.:.//:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.;
ニニニニ.イ:.:.:.:',ー--:..、 ` <   > ´  .Y   `¨´    \ヽ{/:.:ハ{////  □■ }}/:.:.:イイ:.:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,
ニニニ/ニ}:.:.:.:.}''"´:.イ     `<_  -―┴- 、        _{:.:八 u , 、////:.:.:ィ/:.:./:.:.:./:.:.:.:./
ニニニニニノ):.::ノ:.イ                      > ´  ヽ} `ヽ ¨    .ア:.:/:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:./
ニニ/¨´ レY{  ,,... -‐''  `゙'' ..     }}       /       .:.r.ォ.  \ー  .イ:.:/:.:.:.:.:/:.:.:.:/:.:.:.:./
ー'' ´  __.ノV/ ´         `゙''  ..         {     乂:.:.ノ         `ヽ/.:./:.:.:./
    ノ/⌒i {                `゙'' ..                  }        ',:.:.:.:.:.:/
./  ./   }}                    `゙'' ..   :.          ,           i:.:.:./
′  J   〃                       > ヽ..,,       / .j       |:.イ
     _ノ {                             `  ̄ ニ =- /.,,__       .!
    ./ニヽ|         _                             `  ̄ ニ =- ..,, ___
  ./ニニ:}!      ,.ィニニ:}
. /ニニニ:ノ     /ニニニ/
/ニニニイ    ,,.イニニニ/
ニニニ/ ,.. <ニニニ>  ,,.z≦ニヽ
ニニ><ニニニ> ,. z≦ニニニニ/
ニニニニニニイ,z≦ニニニニニ:/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  「ああっ!そこ!ダメ、イヤっ!」

  コルザさんがそう言った途端、ピタリと動きを止める私。

  「……え?何?どうし、て……」

  「どうしても何も、最初にお伝えした通りですよ?
   我々はイヤがる女性にムリヤリ行為を強要したりしませんから。
   今のはやりすぎでしたね。もうしません──但し」

  もうしません、と言われたときのコルザさんの反応を確認しながら続ける。

  「──但し、あなたが希望するのであれば、続けさせていただきますが」


193 名前:名無しのやる夫だお@シェルター[sage] 投稿日:2014/06/08(日) 23:45:40.77 ID:Huhi69j2

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  私も、傍らの二人も、もはやコルザさんに一指も触れていない。
  にもかかわらず、目の前の女性の秘所は、刺激を求めてヒクヒクと動いている。

  「……じゃ、ないです」

  「──はい?」

  「イヤ……じゃ、ないです……」

  「う~ん、否定が多くてわかりにくいです。もっと正確にお願いできますか?」

  コルザさんが恨めしそうな目でこちらを見ているような気もしますが、
  やがて諦めたのか、再び口を開き始める。

  「大丈夫、です……続けてください……」

  しかし、それは中途半端だと言わざるを得ません。

  「ええ、今日の活動はまだ続けますが──それが何か?」

  事はサークル理念の根幹に関わります。間違いがあってはいけませんからね。

  「私……」

  私はコルザさんが放つ決定的な一言を待ち続けました。

  「私の……」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                                            ,ィ=ヽ、
                                   , . . - :―: .-、 {,ィ―- 、ヽ
                           ,. . -‐- 、 ,イ: : : : : : : : : :、: :`(、 ̄`ヽ: ヽ
                        _,ィニ-―=-、: : `: : : : : : : ヽ: : : ヽヽキ、: : : : ヽ: ',
                        , : ´: : : : : : : : : : : 、:ヽヽヽ: : ヽ;/l : : : : : ヽヽ
                      /: : , :´ : : : : : : i ト l、 ヽ_ヽヽ_:_:_: l/l : : : : : : ヽヽ
                        /: : :ィ : ; : : l : : l : l ;、ヽ下□■ォ,ヽ: :}`ヽト、: : : : : : :ヾ
                     { : //: : l : : l : : l :□■ ヾ■□■ ソ| ノl ヽ: : : : : : :
                    ; : '{: : : ト、: : '; : '; ■□`  ´□■イ レ /  ; : : : : : :
                    ヾ '; : : l ; : : 、:ヽム□■、  /// l /l´    '; : : : : : :
                        '  、: : , ヽ: ヽ` 、ヾ  マつ   イ:/ |    ; : : : : : :
                       ヽ:ヽ \ヽ '; ` ‐-  _ , イ:/ {, -‐ ー 、: : : : : :
                         ヾ、   _`ヽヾ、_ ,イ ´         ヽ: : : : :
                       _ , -‐´ ̄、 ` ‐- _        r     l : : : : :
                         f`:::ノ     ヽ  , '   .::r;::.. ヽ |     | : : : :
                           /゛"u.       } '      :::::ノ   ',    l: : : : :
                         {           ,'  、      ij  }  _ l : : : :
 /´  `ヽ               ヽ       /   \       ノ, イ   `ヽ: :
´      \                  ` _ ,,  イ         ヽ    , イ
       ,.  \                l    ,'    `      `7 ´  i
        イ     ヽ              l     ,'          /   l
     ,'        \               .l    '      ,  /     l
    /           ヽ            .l, '           /        l
   イ           ヽ           /    i   ij   /        l
イ   i            、        /    l     /         ,
     l              ヽ    /      ノ      {
.    ∨              ヽ /     /    /               〉
      ∨              ∨     '     /                /
        ヽ             ',   u.     /             /
        l             ',       /              ,'
          、              i  、 ,   ,'               /
           ヽ            |  , 、   i         u      /
         ヽ              !ij 〈 〉   '           /
            \          、  Y ij ,           /
           ヽ          ヽ  u. ノ           ,
             \  u.      ヽ /          /
               `  、      __          ´
                     ̄  ´ `` ‐--‐ ´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  「私のアソコを触って……私を気持ち良くして下さい!」

  私達は、無言で行為を再開しました。


194 名前:名無しのやる夫だお@シェルター[sage] 投稿日:2014/06/08(日) 23:47:28.29 ID:Huhi69j2

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  昂ぶった身体はどこもかしこも性感帯になったようで、面白いように反応する。
  あまりイジメても可哀想ですし、そろそろトドメを刺すことにしましょう。

  処女膜を傷つけぬよう、入り口と、クリトリス付近を重点的に──
  脇の二人はそれぞれ、胸や乳首に──

  「ああああぁぁっっ!ひぃっ!ひやああぁぁぁぁぁっっ!!」

  コルザさんは、もう意味のある言葉を発せなくなってしまったようです。
  気がつくと、プレイルームの皆がこちらに注目していました。
  ある人は、羨望の眼差しで。
  ある人は、欲望に満ちた目つきで。
  うん、ウチの会員たちはホント紳士・淑女揃いですねw

  「あ、はああああぁぁぁぁぁっっ!!」

  入り口を責めていた指をギュッと締め付けるのと、
  一際高い声を上げたのとどちらが先だったのでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                                        /)       /     /)     /
                     ´ `ヽ                 O   /              l/   /
.              ,. ------ 、_〉`ー―- 、 ,. ----、.            /)             /
.             / ̄/ ̄ ̄: : : : : : : : : ヽ : \: : : : :ヽ.   ∩     ./     ゚   ・ ,. ´
                /: : : : :/: : : : : : : : : : : \: : ヽ: : : ハ   ||     /       __ ,’/
.            / /: : : /: : : :/: :/∧ヽ: : : : : :V ∧: : : :!   |! l   /         ′
.            〃: /: : :/ : : :/|: :/{{,.ィ升ト、: : : : :V/:!: : : |..  |!   /        /
.           / :!: ! ! : |: :'77TV ヽ ,.斗=ミ、: : : :|: :|: : : :!  .|!          /
           | :| | : | 从□■□■□■ 从 : :!: 八 : :|.  |!       /           u
           | :| ! : N 八 ////// /イ..,.r.,:. ー- <   |!      /
.             ヽN: : | Vハ    _ ' _ u j/`¨ ´  u  ,.>|!-=ニ ーイ   u
                  \|  {:.: ヽ. ( r,ォ:.ー 、.{      ,.: '’.,_ |!   `ヽ
                 /  ̄  /` ¨´    \  / ``ゞ)::|!:._,,..,,..,,....',   ___,.-―‐-..,__
             /      V            __/.{    .i:: ’;: :: u :: :: :ト/≠7フ////////////////フフ77
                ハ u    {  _,,.. -= 二 ´   j  u i:: :: :::)i;:ィi77フイ/////////////////////////
        ,.. -‐<´ ̄ ̄``              八   .i:: :: ij/(///ij///////////////////////////
_,..-‐ ''"´⌒                `゙'<     ヽ   ::,_::ヽヾ;ヽU////>‐‐<///////////////////
                            ``¨¨<x\   ``  ̄ヽi(: u   /フ7ァr</////////////
                                     `` 丶 、 u     j :.   ////////>ト//////////
                     u                    丶、..__ /:: .,..x7フ7x三三二ニフ////////
                                         ヽ:: ::////////////////////////
                                 u           丶l////////////////////////
                                               ̄`゙'<//////////////////
                                                 ヽ   ̄ ̄ ̄//////////

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  「コルザさん、今のが絶頂──イクってやつです」

  「……ふぅ、ふぅ……」

  力が入らず深い呼吸を繰り返すコルザさんを見ながら、
  このサークルへ新たな参加者が来てくれたことを喜ぶのでした。


195 名前:名無しのやる夫だお@シェルター[sage] 投稿日:2014/06/08(日) 23:48:24.58 ID:Huhi69j2

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  絶頂から落ち着くのを待って、コルザさんへの性教育を再開しました。
  今度は本人からの「本気のNO」が入り、体で教えることはできなかったのですが、
  それはそれとして、別方向での教育に励むことにしました。

  イヤらしい言葉を言わせてみるのは失敗でした。
  何しろ知識そのものが乏しいので、なかなか恥ずかしがってくれないのですw
  それでも、男性器を「チンポ」、女性器を「マンコ」、お尻の穴を「ケツ穴」等と呼ばせると、
  なかなかに初々しい反応を見せてくれました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            |: : :/: : : : : :/: : : : : .:|: : .:ト、: : :l: : : : :|: : : :\ : : \: : : :\
            |: :/: : : : : :/: : : : : : .:|: : .:| .|.: .:ト、: : : |: : : : : :|: : : : :\: : : :\
            |: :|: : : : : / : :/|: .: .:/|: : / !: : | !: : :ト、: : : : ! : : : : : :l: : : : : |
            |: :|: : : : : |:_ム斗─ァ十:/  |: :ナ十‐ァ-、|: : : :|.: : : : : .:ト、: : : !
            \!: : : : .:|:/  レ'   レ'  .レ'  .レ'  .l: : : :|.: : : : : .:|: :ヽ: : |
              |: : : : .:レ□■□■□    .■□■□!: : : |.: : : : : .:|: : :|: : |
              |: : : : .:|■□■□■    □■□■: : :/: : : : : : :|: : :|: :/
              \: : : | `             __ノ_/: /|.: : .:|: :|: : :レ'
                |\: \ ////  、  /// ̄/:|: : /: !: : /| /.: .: !
                |: : `ト-ヽ     ┌─┐    /: :レ'.|: :|: /: レ: : : .:|
                |: : : |. \.     `ー '    /l: : : |  |: :レ.: .: .: : : :.:|
                |: : : |   |`  .       .ィ´  |: : : |  |.: .: : : : : : : : |
                |: : : |   |   ` ー‐'´ |   |: : : i  |: : : : : : : : : /
                \ : \ ノ           !  j.: .:/   ! : : : .: : : : /
             . _ -‐>、: :\            '、_ //   .|: : : : : : : /
     , -‐‐…' ´      `ト-ヽ         /  ー- 、|: : : : : : /
    ./                ヽ          -‐   |: : : : : /
    ,′             ` ー- .          /    , |: : : : /、
   i                      `ヽ             { |: : : :  i
   |          U                      、|: : : i  |
   |     ` (          : : : : : : : : : : : :       \: :!  |
   |      ヽ ´                         \  !
   |        /              `ヽ            \!
   |        ,′                   :.′            :.
    i      ′                   i               .
    i                      i          ..:.:::::..、   i
    i       i     ..:.:.::::..、         i         :.:.:r::.,.:.:.
    :.      i    :.:r';:).::::           八          、::ゝ..:.:ノ  ′
    :.    :、   ゝ..:.::ノ         ′丶            . '
    :.      丶.               . '     丶.        .. イ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  彼氏さんとの思い出を語ろう企画は成功でした。
  幼い頃は二人で過ごす機会が今よりずっと多かったようで、
  定番の「一緒にオフロ」や「お医者さんゴッコ」ネタは盛り上がりました。
  なんせ、それを話している彼女は全裸で、
  しかも、私のイチモツを手コキしながらでしたのでw(あ、手コキは許してくれました)


196 名前:名無しのやる夫だお@シェルター[sage] 投稿日:2014/06/08(日) 23:49:24.64 ID:Huhi69j2

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  今回のコルザさんのプレイはここまでです。
  戦績は、絶頂1回、胸射精1回、手射精1回というもの。
  まだまだ初心者ですからしょうがないですねw

  そんな彼女に、アナル拡張用のグッズとローションを差し上げました。
  マジメで勉強熱心なコルザさんの事ですから、
  次回までにはキッチリ使用可能な状態に仕上げてきてくれる事でしょうw
  先達の皆様が、そんな彼女を温かく見守ってくださることを期待します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                         __
                  ,イ二 ̄ヽ , ´:.:.:.:.:.:.:.ヽ、  , ----- 、
              ´ , ―`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽr:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                    /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
                /:.//:.:./:.:.:.:.:.:./:!:.:!:_廴!:.:.:.:',:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
              〃/:.:./:{:.才 ̄`{ヽヽ ヽ}ヽ:}:} i:.:.:.:.:.:.:.:.: : |
                  / {:.:.i:.:.!:.:.{□■□■□ |///|:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
              ,、 ヘ,、.:.ヾ、'■□■□■ 〃 . !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                | | /./. ヾ、!ヽxx  ` xx//:.} |:.:.:.:.:.:.:.:.: : |
                 | | /./   |:.!> ` ´ イ〃  !:.:./ }:.:.:.:.: |
               ,ィ.l`iィ i.゙ ̄  ̄`¨'イ:≧≦:{''゙` ̄  ̄.| !:.:.:./)
               l_f} ヽ. l       -、 r‐.      │ {//|
.     _      | {/ l         、  , '...   /^つyく ,r===- 、
   ,r '´ `ヽ、     .ゝ  | ´       V     .: {  `〈__ }.        i
  ,'         \......| -‐{::::rッ::::      |..   ::::r.ヽ  ′/.       !
  !          \.|   ',:::::::::     |      ::::::/   ,'1          i
  ,'         {   ヽ   ',       |       /   ,'  }       !
.           ,    ヽ   ',        人    /  /  |       i
 {        '      ヽ   ',゙''‐-- '' ゙   ` ' ‐y′ /    {        i
 i           }      ヽ               {  /     ',        i
 !        i       ', .}         ', /       ヽ       !     ,.-、
 !                 ∨     ー=-     ∨      ヽ      :i     /  }、
 !       ,'          ':,           /          ':,      !  ,/   / `i
 !       /          ':,        /             ,     :', /   ヽ  :ヽ
 i      i               ',         ,'             ',     ∨    }  、 :)
 |      .i         u       i       i               ',    /        i´
 |      j l                }   ハ.  }            ∧   /        /
. ノ      { i    .../ ̄/┌┐    ./u:',   ..._∠__  ......, <  /       /
,'      :i ',    ./ \/ .| レ  ヽ.゙l:iハj:l./    .く   ノ  ......,'  ヽ       /
       i   ',   ....ノ\__   .ゞi^iリ      ><      ./   ',      ,'
       i   ヽ               }:{'                , '      ',     /
       i    ヽ.           i:!.             /        ヽ、  ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

    コルザさん パーティー参加レポート その① 終わり

       ※その②を見たい方はわっふるわっふると入力してください。




197 名前:名無しのやる夫だお@シェルター[sage] 投稿日:2014/06/08(日) 23:50:25.57 ID:qsC1ZA1N
わっふるわっふる!

198 名前:名無しのやる夫だお@シェルター[sage] 投稿日:2014/06/08(日) 23:51:54.85 ID:Huhi69j2
以上、No.xx コルザさん(魔法少女リリカルなのは:高町なのは)の
パーティー参加レポートでした。

ぶっちゃけ>>1のフォーマットのパク・・
いやまぁ、二次創作なんで御容赦の程をw


199 名前:名無しのやる夫だお@シェルター[sage] 投稿日:2014/06/08(日) 23:53:11.62 ID:z2NvMHw0
わっふるわっふる!



200 名前:名無しのやる夫だお@シェルター[sage] 投稿日:2014/06/08(日) 23:58:23.92 ID:7ggAo5bx
わっふるわっふる

201 名前:名無しのやる夫だお@シェルター[sage] 投稿日:2014/06/09(月) 00:06:51.41 ID:PWQdsBNo
乙ー

202 名前:名無しのやる夫だお@シェルター[sage] 投稿日:2014/06/09(月) 00:08:45.34 ID:Zc2834UE
ロリっこだと年齢を上げる必要があるから、性格も多少変わらないとまずいよな。。。
そう考えると、なかなか背景を考えるのが難しい

203 名前:胸がFLAT ◆Rp7uipC1u2 [sage] 投稿日:2014/06/09(月) 00:19:26.25 ID:e17998CD

わっふるわっふる!

>>183
> 快く受け入れてくれました。
> ね、紳士の集まりでしょ?w

はい。とっても紳士ですw

さて、どうやって前の穴を使わせるか……


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

・コルザさん パーティー参加レポート 純愛編 へ続く



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
※誤字、脱字、AAのズレ、削除漏れなどのミスがありましたらコメントより御指摘ください。
 感想もお待ちしています。

・『やる夫たちは浮気するようです』目次へ
・『ダディの家』目次へ
・『コラボネタ等のページ』目次へ
・『会員リスト一覧』へ
・『短編・他』目次へ


ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
訪問者数
カテゴリ
タグ

佐々木 翠星石 蒼星石 真紅 ルリ ルイズ 長門ユキ かがみ レミリア ラクス 渋谷凛 四条貴音 美鈴 ライダー(メデューサ) プレシア 水銀燈 カリオストロ こなた ミント なのは ヴィクトーリア ニャル子 ゆかり 黒神めだか 鹿目まどか 黒井ななこ 金糸雀 巴マミ ボブ君 すずか 菊地真 雛苺(大人) マリアベル・アーミティッジ ホシミマイハ 城ヶ崎美嘉 柊シノア 恋するドラゴン フェイト  鷺沢文香 星空育代 八雲紫 ユリカ エヴァンジェリン 五更瑠璃 マリィ 佐倉杏子 如月千早 向坂環 遠坂凛 ナナリー アンリエッタ 葵喜美 ヴィヴィオ(小) イオリ・リン子 セイバー ヴィヴィオ(大) 美樹さやか 鴇羽舞衣 御坂美琴 ハマーン様 音無小鳥 木之本桜 加賀 逢坂大河 雛苺(小) サーニャ やらない子 間桐桜 キャス狐(玉藻) やんねえ香 ルナマリア 水無月空 キュルケ キョン子 ベアトリーチェ 柚原春夏 ヨーコ めぐみん 涼宮ハルヒ 高良みゆき ネロ シルヴィ やる実 メアリ・クラリッサ 暁美ほむら ベルダンディ 弱音ハク マリュー ダクネス 野曾木蓮 ジャック・ザ・リッパー 18号 アンゼロット 胡蝶しのぶ 夜ノ森小紅 紅月カレン 篠ノ之束 マイ=ナツメ 殺生院キアラ 龍田 ティファ ギンガ・ナカジマ 雪音クリス ビアンカ 世界 篠ノ之箒 セシリア なのは(小) シュテル イリヤ マーヤ ティアーユ アイリスフィール 我妻由乃 金剛 ミルヒオーレ イリヤスフィール 東横桃子 両儀式 シグナム 遠坂葵 冥土へ誘うものアイリ ハルヒ 桂言葉 マシュ レン・ブライト 黒雪姫 スバル・ナカジマ アティ 及川雫 武蔵 大森ゆうこ ほむら 島風 ルビー・ローズ 逢魔の女王アルドラ 白鐘直斗 アチャ子 伏姫マーヤ 紫苑 愛宕 アスカ 清姫 黄忠(紫苑) 源頼光 結月ゆかり 岸波白野 安部菜々 風見幽香 アナスタシア 鳳翔 ヴィータ 蒼崎青子 みゆき 朝比奈みくる チキ 三浦あずさ 宮崎のどか 柏崎星奈 台場カノン 山田真耶 BMG 白井黒子 シャナ はやて 伊19 戦場ヶ原ひたぎ AA講座 オリヴィエ コウサカ・チナ 凰鈴音 天江衣 シャルロット・デュノア 立花響 メディア 立花・誾 フレイ カルラ ラウラ キャスター(メディア) モモ・ベリア・デビルーク 紅美鈴 泉こなた 華琳 レ級 楠舞神夜 鑢七実 アンジュ ミリアリア 

最新コメント
サイト内ランキング 7月
ページランキング
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク